専業主婦がカードローン審査に落ちる3つの理由とは?

借りたい金額が多すぎる、返せる根拠がない、過去の返済実績がない、キャッシング審査に落ちるのはいったい何が理由なのでしょう。また、専業主婦が落とされるポイントはどこにあるのでしょう。それでは、主な理由ベスト3をご紹介していきます。

トータルではいくらの借入か

そもそも、主婦の場合には本人が給料をもらっているわけではなく、無収入ということになりますので、消費者金融では借りることができません。それでは、借りている専業主婦はどうやって申し込んでいるのかというと、銀行系カードローンで、収入のある配偶者がいることを証明するなどして手続きをしています。

それでは、その配偶者である夫の収入が十分にあれば、審査に落ちないのでしょうか。これがじつは、夫の収入がいくらであっても審査に落ちることがあるのです。

というのも、カードローン審査において重要視されるのは、「個人信用情報」はもちろん、「現在の借入状況」になります。そのため、今現在の給料は希望する借入額に問題ない額だとしても、現時点ですでに借りている額が多い場合は、トータルしたときに多大な額になります。それでは審査を通らないのです。

銀行カードローンで借入可能額は30万円

専業主婦が借りることができる銀行カードローンにおいて、収入を得ていない主婦が借りられる額は基本的に決まっています。三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックなど大多数の銀行が一律30万円、そして例外的に50万円の銀行があります。

30万円というのは、総量での金額ですので、もし、すでに25万円を借りている場合は残り5万円しか借りることができません。1回ごとに30万円ではなく、トータルして30万円が上限ということを理解しておかなければなりません。

ちなみに、例外的に50万円に設定されている銀行があるといいました。それは、購買層の主力が主婦層である系列企業を持つ、イオン銀行と楽天銀行です。

借入額の上限は収入の3分の1

ここまでお話しすると、「あれ?収入の3分の1まで借りられるんじゃないんですか?」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

これは勘違いしてはいけないのですが、総量規制によりキャッシング上限は年収の3分の1まで、というルールはあるのです。ただ、これは本人の収入でキャッシングする場合になります。つまり、専業主婦は本人の収入で申し込むわけではありませんから、対象となりません。そして、基本的な銀行系での一律30万円が可能限度額となるのです。

知らずにいると、希望借入額を多く想定しがちです。実際に、借りたい金額の総額が多すぎる場合というのが、審査で落ちる最も多い理由になりますので、気を付けたいところですね。

ブラック?過去実績の問題

「個人信用情報」というのは、あなたのこれまでの返済情報等の過去の情報が記録されたものです。おそらくブラックリストという言葉は聞かれたことがあると思いますが、正式にそのような名称のものがあるわけではなく、この「個人信用情報」において事故情報(移動情報)が記録されている場合が、ブラックリスト入りしている状態をさしています。

さて、そのブラックリストですが、これに該当していると、新たな申し込みをしても、まず通ることはないでしょう。これは、専業主婦に限らずすべての人に言えることです。

また、事故情報にも程度がいろいろありますが、なかでも重症とされるのは、債務整理、自己破産、任意整理、特定調停、個人再生、が挙げられるでしょう。自分以外の人や会社が賠償の責任を負う代位弁済や、カードローンの強制退会やクレジットカードの強制解約、あるいは悪質な遅延などもブラックリストに該当する記録といってよいでしょう。

このような不名誉な履歴がある場合、一定期間はほぼ確実にカード審査に落ちることになります。それでも、内容によっては、履歴が消えるなどすることにより、クレジットヒストリーが改善され、その後審査に通る可能性がないわけではありません。

クレジットヒストリーを改善する方法

手っ取り早いのは、マルイのエポスカードやコスモ石油のコスモ・ザ・カード・ハウスを作ることです。では、どういうことか説明しましょう。

カードについて普段そう気にされることもないかと思いますが、これらはハウスカードといって、そのお店専用のカードであり、利用が限られているカードです。どこでも使えるVISAやMasterカードと違い、その企業のみで使ってよいかを審査するわけですから、審査基準がそう厳しくありません。そのため、ブラックリスト対象者であっても、ハウスカードで破産するリスクは低いですから、カードを新規で持つことができます。

そうして用意したクレジットカードで、毎月できるだけたくさん買い物の精算をし、購入実績を作ります。そして、必ず翌月なり翌々月なりの一回払いで着実に返済しましょう。繰り返し毎月、その実績を積み重ねます。それによって、クレジットスコアが高まり、あなたのクレジットヒストリーが改善されるのを待ちます。過去の信用情報が良くないものであっても、現在の新たな状況を残していくことで、自分の希望するカードローン審査に通る可能性を高めていくことができるでしょう。

夫の職業が原因

テレビを見ていると、芸能人がお金を貸してもらえないと話されていることがあります。今現在の収入は多くあっても、将来不安定と評価されるのが理由だそうです。

じつは、配偶者の職業によっては審査落ちする可能性が高いことが有り得るのです。意外に思われるかもしれませんが、会社を経営している場合が多いのです。なんとなく、社長と聞くと羽振りのよいイメージが浮かびがちですけれども、自営業というのは不安定とされることが少なくありません。そのため、収入証明が必要とされることが多く、その内容によって審査結果が異なります。

専業主婦の場合は、収入証明を求められないというのに、なんだか皮肉な感じもするかもしれません。けれども、主婦の場合は、会社員である夫に安定した収入があるからこそ、専業で主婦をしていられると見做されるのですね。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.